映像評価装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2019000975
開放特許情報登録日
2019/6/24
最新更新日
2019/6/24

基本情報

出願番号 特願2015-022807
出願日 2015/2/9
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-146075
公開日 2016/8/12
登録番号 特許第6417232号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像評価装置およびそのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 映像コンテンツまたは当該映像コンテンツを提示する映像システムを客観的に評価する映像評価装置およびそのプログラム
目的 映像コンテンツの評価軸を柔軟に設定することを可能とし、評価者の生体信号から、映像コンテンツまたは映像コンテンツを提示する映像システムを客観的に評価することが可能な映像評価装置およびそのプログラムを提供する。
効果 予め複数の評価項目に対する学習被験者の主観評価によって、映像コンテンツ視聴中における学習被験者の生体信号との関係を学習することができる。そのため、本発明は、推定対象被験者の映像コンテンツの主観評価を、推定対象被験者の生体信号のみで推定することができる。
技術概要
予め複数の学習被験者により学習した主観評価推定モデルによって、映像コンテンツを視聴した推定対象被験者の主観評価を推定する映像評価装置であることを特徴とする映像評価装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT