送信装置及びパリティパケット生成方法

開放特許情報番号
L2019000974
開放特許情報登録日
2019/6/24
最新更新日
2019/6/24

基本情報

出願番号 特願2015-016512
出願日 2015/1/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-143942
公開日 2016/8/8
登録番号 特許第6457282号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及びパリティパケット生成方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 パリティパケットを生成して送信する送信装置、及びパリティパケットを生成して送信する方法
目的 送信信号の伝送速度の変動を従来手法と同等とし、伝送路におけるパケットの消失特性がランダム消失の場合に、従来手法と同等の残留消失データパケットの割合を保ち、消失特性がバースト消失の場合に、当該割合を小さくすることが可能な送信装置及びパリティパケット生成方法を提供する。
効果 送信信号の伝送速度の変動を従来手方と同等とすることができ、ランダム消失の場合に、従来手法と同等の残留消失データパケットの割合を保ち、バースト消失の場合に、当該割合を小さくすることが可能となる。
技術概要
データパケットを順次入力し、所定数のデータパケットからパリティパケットを生成し、前記データパケット及び前記パリティパケットを送信する送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT