送信装置およびその制御方法

開放特許情報番号
L2019000971
開放特許情報登録日
2019/6/24
最新更新日
2019/6/24

基本情報

出願番号 特願2015-012666
出願日 2015/1/26
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-139872
公開日 2016/8/4
登録番号 特許第6423723号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置およびその制御方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 送信装置およびその制御方法
目的 送信機の出力の停止や分解能の劣化を起こすことなく、出力負荷の反射電力から送信機の保護を図ることができる送信装置およびその制御方法を提供する
効果 送信機の出力の停止や分解能の劣化を起こすことなく、出力負荷の反射電力からの保護を図ることができる。
技術概要
送信装置であって、
搬送波を出力する搬送波発振器と、
前記搬送波が入力され、信号波に基づいて前記搬送波を増幅する第1の電力増幅器および第2の電力増幅器と、
前記第1の電力増幅器の出力信号と前記第2の電力増幅器の出力信号とを合成して前記送信装置の出力端に出力し、前記出力端への出力電力を、前記第1の電力増幅器の出力信号の位相および前記第2の電力増幅器の出力信号の位相の少なくとも一方に応じて調整可能な合成器と、
前記合成器から前記出力端への進行電力と前記出力端からの反射電力とを検出する電力検出器と、
前記電力検出器の検出結果に基づき、前記第1の電力増幅器および前記第2の電力増幅器の少なくとも一方に入力される搬送波の位相を制御する位相制御器と、
を有することを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT