周波数特性測定システム

開放特許情報番号
L2019000964
開放特許情報登録日
2019/6/24
最新更新日
2019/6/24

基本情報

出願番号 特願2015-011734
出願日 2015/1/23
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-136123
公開日 2016/7/28
登録番号 特許第6466183号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 周波数特性測定システム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 高周波信号の伝送路における周波数特性を測定するシステム
目的 伝送路の入力部と出力部とが空間的に離れている場合にも、容易に周波数特性を測定できる周波数特性測定システムを提供する。
効果 伝送路の入力部と出力部とが空間的に離れている場合にも、容易に周波数特性を測定できる。
技術概要
信号発生器及び信号レベル測定器を有する周波数特性測定システムであって、
前記信号発生器は、
放送波の周波数帯域において広帯域のノイズ信号を発生させ、伝送路へ出力するノイズ発生部を備え、
前記信号レベル測定器は、
前記伝送路の電気信号から複数の周波数の成分を検出し、当該周波数毎の信号強度を測定する測定部と、
前記信号発生器からの出力信号を直接に入力し、当該入力した信号の前記複数の周波数毎の信号強度を校正データとして記憶する記憶部と、
前記校正データと、前記測定部により測定された前記伝送路を経た電気信号の信号強度との、前記周波数毎の差分に基づいて周波数特性情報を出力する出力部と、を備える周波数特性測定システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT