特徴量を用いた3次元計測方法およびその装置

開放特許情報番号
L2019000926 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2019/6/20
最新更新日
2019/6/20

基本情報

出願番号 特願2017-092144
出願日 2017/5/8
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2018-189497
公開日 2018/11/29
登録番号 特許第6308637号
特許権者 国立大学法人福井大学
発明の名称 特徴量を用いた3次元計測方法およびその装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 特徴量を用いた3次元計測方法およびその方法を用いる装置
目的 3つ以上の特徴量の組を用いた3次元計測方法およびその装置を提供すること。
効果 3つ以上の特徴量の組を用いた3次元計測方法およびその装置を提供できる。
技術概要
3つ以上の特徴量の複数の組を含み、前記各3つ以上の特徴量の組が計測領域内もしくは前記計測領域内の部分領域内で各空間座標と1対1の対応関係となるように配置された複数の位置から、計測対象物表面に、パターンまたは前記パターンの変化を投影するステップと、
前記計測対象物表面に投影された前記パターンまたは前記パターンの変化を撮影するステップと、
基準物体を用いて予め求められた前記各3つ以上の特徴量の組と前記空間座標との関係を用いて、前記撮影して得られた画像を基に得られた3つ以上の特徴量の組から、前記空間座標を求めるステップと、
を含む前記計測対象物表面の空間座標を求める計測方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT