ストレス評価装置およびストレス状態の評価方法

開放特許情報番号
L2019000924
開放特許情報登録日
2019/6/20
最新更新日
2019/6/20

基本情報

出願番号 特願2017-039071
出願日 2017/3/2
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2018-143320
公開日 2018/9/20
発明の名称 ストレス評価装置およびストレス状態の評価方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 ストレス評価装置
目的 脳活動信号から対象者の抑うつ気分といったストレス状態を客観的・定量的に計測可能なストレス評価装置およびストレス状態を評価方法を提供すること。
効果 対象者の腹外側前頭前野の脳活動信号を計測することで、対象者の抑うつ気分といったストレス状態を客観的・定量的に推定することができる。
技術概要
課題呈示制御部、脳機能計測部およびストレス状態評価部を含むストレス評価装置であって、課題呈示制御部から呈示される少なくとも2種の課題遂行時の、対象者の腹外側前頭前野の脳活動信号を脳機能計測部が計測し、該計測値に基づいてストレス状態評価部で演算したストレス状態を提示することを特徴とする、ストレス評価装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT