フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法

開放特許情報番号
L2019000921
開放特許情報登録日
2019/6/20
最新更新日
2019/6/20

基本情報

出願番号 特願2017-073172
出願日 2017/3/31
出願人 国立大学法人福井大学
公開番号 特開2018-172605
公開日 2018/11/8
発明の名称 フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法
目的 染色可能なポリカーボネート樹脂を提供する。
効果 親水性であり、染色可能な表面を有するポリカーボネート樹脂基材を提供することができる。
従来技術より低温で、かつ界面活性剤等の助剤の添加を使用せずに、親水性で、染色可能な表面を有するポリカーボネート樹脂を製造することができる。
技術概要
X線光電分光法分析で、286〜288eVに示されるC−C結合のピーク高さ1に対して、292〜294eVに示されるC−B34F結合のピーク高さが、2〜50である表面層を有することを特徴とする、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT