物体搬送装置及び物体搬送方法

開放特許情報番号
L2019000897
開放特許情報登録日
2019/6/19
最新更新日
2019/6/19

基本情報

出願番号 特願2017-080036
出願日 2017/4/13
出願人 公立大学法人広島市立大学
公開番号 特開2018-177471
公開日 2018/11/15
発明の名称 物体搬送装置及び物体搬送方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 搬送装置及び搬送方法
目的 球状物体を対象とする、3次元的にフレキシブルな経路での非接触搬送が可能な物体搬送装置および物体搬送方法を提供すること。
効果 2軸以上の自由度を持つパンチルトアクチュエータ上に載置した第1のジェット流噴射機からのジェット噴流のコアンダ効果を利用して搬送対象物体を非接触で所定の位置に移動・保持し、第2のジェット流噴射機に前記搬送対象物体の保持を引き渡し、ついで、同様の手順で第3、第4の非接触物体保持ユニットに搬送対象物体を順次引き渡していくことで、搬送対象物体に機械的に接触することなく、かつ3次元的にフレキシブルな経路での搬送が可能となる。
技術概要
搬送対象物体の搬送経路に沿って設置された複数個の、2軸以上の自由度を持つパンチルトアクチュエータと、該パンチルトアクチュエータ上に載置されて搬送対象物体に向けてジェット状の流体を噴射するジェット流噴射機と、前記パンチルトアクチュエータ上に載置されて該パンチルトアクチュエータと前記搬送対象物体との距離を測定する距離計測器から成る非接触物体保持ユニットと、該複数個の非接触物体保持ユニットのパン角、チルト角、ジェット流噴射機の噴射流量を制御する制御部からなる物体搬送装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 パン角、チルト角が制御可能なジンバル上に載置したエアジェット装置によって、コアンダ効果を利用してジェット流域内に球状対象物体を保持し、パン角、チルト角、エアジェット流量を制御することで対象物体を所定の位置に移動・保持し、隣接する他のエアジェット装置に対象物を受け渡していくことで、対象物体を、非接触かつフレキシブルな経路で搬送する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT