ブロックチェーン取引作成プロトコル、及びブロックチェーンアドレス作成方法

開放特許情報番号
L2019000892
開放特許情報登録日
2019/6/19
最新更新日
2020/10/22

基本情報

出願番号 特願2019-046801
出願日 2019/3/14
出願人 公立大学法人広島市立大学
公開番号 特開2020-150428
公開日 2020/9/17
発明の名称 ブロックチェーン取引作成プロトコル、及びブロックチェーンアドレス作成方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ネットワーク上での仮想通貨等の送受信方式として知られているブロックチェーン取引作成のためのプロトコル、及び取引に用いられるブロックチェーンアドレスの作成方法
目的 ブロックチェーン方式において、ある取引で公開された受信者アドレスがそれ以降の取引でも使用できることを不可能とすることで、受信者の承諾なしに取引が成立するという通常プロトコルの脆弱性を解消するための新たな取引作成プロトコル、及び受信者アドレス作成方法を提供する。
効果 各取引で使用される受信者のアドレスはその都度新たに作成されて他の取引には使用することができず、本脆弱性を解消することができる。
技術概要
ブロックチェーン方式での取引作成プロトコルにおいて、送信者が送信者アドレスの通知と署名を受信者に送信して受信者が送信者アドレスを検証するステップと、受信者が受信者アドレスを作成・返信して送信者が受信者アドレスを受信・検証するステップと、送信者がブロック全体の署名を作成するステップと、送信者が作成したブロックをP2Pネットワークへブロードキャストするステップとを含むことを特徴とする、ブロックチェーン取引作成プロトコル。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 仮想通貨等の送受信・管理方式として知られている「ブロックチェーン方式」の、”悪意の参加者による、受信者の承諾なしの取引が成立する。”という脆弱性を解消するための、新たなプロトコルを提案する。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT