超臨界炭酸ガス中での高分子微粒子の製造方法

開放特許情報番号
L2019000883
開放特許情報登録日
2019/6/18
最新更新日
2019/6/18

基本情報

出願番号 特願2000-382295
出願日 2000/12/15
出願人 国立大学法人神戸大学
公開番号 特開2002-179707
公開日 2002/6/26
登録番号 特許第4370390号
特許権者 国立大学法人神戸大学
発明の名称 超臨界炭酸ガス中での高分子微粒子の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 超臨界二酸化炭素を希釈剤として使用し、単量体の不均一重合により高分子微粒子を製造する方法
目的 超臨界二酸化炭素中において、安定、かつ、サブミクロンの粒子径を含む広範囲にわたる粒子径を有する高分子微粒子を容易に製造する方法を提供すること。
効果 超臨界二酸化炭素中において、安定、かつ、サブミクロン〜数ミクロンの広範囲にわたる粒子径を有する重合体粒子が容易に製造できる。
技術概要
 
超臨界二酸化炭素中においてラジカル重合開始剤により単量体を不均一重合する高分子微粒子の製造方法であって、ラジカル重合開始剤がオリゴマー骨格およびラジカル重合開始剤部分を有する、超臨界二酸化炭素に実質的に可溶な、以下の式(3)で示される重合体であることを特徴とする高分子微粒子の製造方法。
【化1】

式(3)中、mは68である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT