車両用衝撃吸収材

開放特許情報番号
L2019000860
開放特許情報登録日
2019/6/21
最新更新日
2019/6/21

基本情報

出願番号 特願2005-287305
出願日 2005/9/30
出願人 積水化成品工業株式会社
公開番号 特開2007-098962
公開日 2007/4/19
登録番号 特許第4576311号
特許権者 積水化成品工業株式会社
発明の名称 車両用衝撃吸収材
技術分野 輸送、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 車両用衝撃吸収材
目的 車両衝突時の衝撃を効果的に緩和することに加えて、衝撃荷重が乗員に障害を与え得る所定の限界荷重に達することを確実に防止できる車両用衝撃吸収材を提供する。
効果 衝撃吸収材が所定の圧縮状態となった段階で粒子間接着が解放され、衝撃吸収材が複数の破片となることにより、衝撃荷重が乗員に障害を与え得る限界荷重に達する前段階で荷重低下を招来させることができるため、車両衝突時の安全性を格段に向上させることができる。
技術概要
発泡性樹脂粒子を成形型内で加熱発泡して得られる発泡成形体からなり、
該発泡成形体を構成する粒子間には隙間が形成されており、
発泡成形体の全体積に対する粒子間の空隙の総和の比率が10〜40%であって、
発泡成形体が所定の厚みに圧縮された際に複数の破片となるように構成されていることを特徴とする車両用衝撃吸収材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT