形質細胞または形質芽細胞の選択方法、目的抗原特異的な抗体の製造方法、新規モノクローナル抗体

開放特許情報番号
L2019000848
開放特許情報登録日
2019/6/14
最新更新日
2019/6/14

基本情報

出願番号 特願2013-507689
出願日 2012/3/28
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 WO2012/133572
公開日 2012/10/4
登録番号 特許第5963746号
特許権者 国立大学法人富山大学
発明の名称 形質細胞または形質芽細胞の選択方法、目的抗原特異的な抗体の製造方法、新規モノクローナル抗体
技術分野 食品・バイオ、有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 形質細胞または形質芽細胞の選択方法、目的抗原特異的な抗体の製造方法、新規モノクローナル抗体
目的 幅広い動物種から効率よく抗原特異的モノクローナル抗体を作製する技術を提供する。上記新たに開発された抗原特異的モノクローナル抗体を作製する技術を用いて、新たな抗原特異的モノクローナル抗体を提供する。
効果 幅広い動物種から抗原特異的モノクローナル抗体を迅速に産生することができるため、既存の技術では作製が困難であった標的分子に対する抗体医薬品の開発に新たな可能性を与えるものである。
技術概要
非ヒト動物からリンパ液、リンパ組織、血球試料又は骨髄由来の細胞を採取し、採取したリンパ液、リンパ組織、血球試料又は骨髄由来の細胞を目的抗原にin vitroで感作させるか、または、非ヒト動物を目的抗原で免疫し、
免疫成立後の非ヒト動物からリンパ液、リンパ組織、血球試料又は骨髄由来の細胞を採取し、
前記感作させた、または採取したリンパ液、リンパ組織、血球試料又は骨髄由来の細胞と、(1)標識した目的抗原、および(2)形質細胞および/または形質芽細胞に選択的に結合する標識物質とを混合し、
前記(1)標識した目的抗原および(2)標識物質が結合した細胞を選択することを含む、
目的抗原に特異的に結合する形質細胞および形質芽細胞の少なくとも一方を選択する方法。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 関連特許群による,抗体取得システム。
様々な動物種から抗体取得可能。
抗原特異的形質細胞の同定後,数日で抗体単離可能。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2019 INPIT