医薬用組成物

開放特許情報番号
L2019000806
開放特許情報登録日
2019/6/10
最新更新日
2019/6/10

基本情報

出願番号 特願2018-524177
出願日 2017/6/23
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2017/222040
公開日 2017/12/28
発明の名称 医薬用組成物
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 医薬用組成物
目的 ヒトに対して安全に投与可能であり、かつPolyQ病の治療に有効な医薬用組成物を提供すること。
効果 PolyQ病の治療又は予防に用いられるものであって、アルギニンを有効成分とする。アルギニンは、異常伸長PolyQ鎖を持つPolyQ病の原因蛋白質の凝集阻害作用(PolyQ凝集阻害作用)を有しており、当該作用によって、PolyQ凝集体形成及び神経変性を抑制する効果を奏する。また、アルギニンは、ヒトへの安全性が確立されており、かつBBBに対する透過性が高い。このため、本発明に係る医薬用組成物は、中枢神経系におけるPolyQ凝集体形成抑制等を、安全にかつ効率よく阻害することができる。
技術概要
アルギニン若しくはその生理学的に許容される塩、又はそれらの溶媒和物を有効成分とし、PolyQ病の治療又は予防に用いられる、医薬用組成物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT