製紙廃棄物からのエタノールの製造方法

開放特許情報番号
L2019000763
開放特許情報登録日
2019/5/30
最新更新日
2019/5/30

基本情報

出願番号 特願2013-200843
出願日 2013/9/27
出願人 国立大学法人富山大学
公開番号 特開2015-065834
公開日 2015/4/13
登録番号 特許第6335462号
特許権者 国立大学法人富山大学
発明の名称 製紙廃棄物からのエタノールの製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 製紙廃棄物からエタノールを製造する方法
目的 木質系バイオマス由来のセロルース繊維を含むペーパースラッジなどの製紙廃棄物から、発酵によるエタノール製造技術を提供すること。
効果 ペーパースラッジのような産業廃棄物を含む未利用セルロース系バイオマスからバイオ燃料として利用されているエタノールを安価に製造することが可能となる。
技術概要
製紙廃棄物から発酵によりエタノールの製造する方法であって、接合菌門・接合菌綱・ケカビ目に属するカビを用いることを特徴とするエタノールの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT