白金担持体とそれを用いた酸素還元触媒およびその製造方法ならびに燃料電池、金属空気電池

開放特許情報番号
L2019000731
開放特許情報登録日
2019/5/29
最新更新日
2019/5/29

基本情報

出願番号 特願2016-172118
出願日 2016/9/2
出願人 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
公開番号 特開2018-034138
公開日 2018/3/8
発明の名称 白金担持体とそれを用いた酸素還元触媒およびその製造方法ならびに燃料電池、金属空気電池
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 白金担持体とそれを用いた酸素還元触媒およびその製造方法ならびに燃料電池、金属空気電池
目的 優れた酸素還元触媒活性を有する新規な白金担持体とそれを用いた酸素還元触媒ならびに燃料電池、金属空気電池を提供する。
効果 特殊な実験装置やガスを必要とせず、シンプルな製造プロセスで大量生産に適したアルコール還元法を採用し、これまでのカーボンブラック担体に代えて、窒素をドーピングした高比表面積のカーボンブラックを担体として使用することで、少量の触媒物質であっても極めて小さな粒子径を持つ白金微粒子を担持可能であり、また、大量の触媒物質であっても粒成長を抑制して、高分散に担持可能である。
技術概要
表面に窒素原子を有するカーボンブラックを含む担体と、白金源となる白金化合物と、還元剤のアルコールと、水とを含む組成物を調製し、この組成物を加熱処理する白金担持体の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT