生体試料を生存状態で観察する顕微鏡および方法

開放特許情報番号
L2019000730
開放特許情報登録日
2019/5/28
最新更新日
2019/5/28

基本情報

出願番号 特願2018-507415
出願日 2017/3/23
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2017/164332
公開日 2017/9/28
発明の名称 生体試料を生存状態で観察する顕微鏡および方法
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 生体試料を生存状態で観察する顕微鏡および方法
目的 生体試料を生存状態で高感度かつ低コストで観察することが可能な顕微鏡、方法を提供すること。
効果 生体試料を生存状態で高感度かつ低コストで観察することが可能な顕微鏡、方法を提供することができる。
技術概要
生体試料を生存状態で観察するための顕微鏡であって、
前記生体試料は、化学発光を生成する化学発光物質を含み、
前記顕微鏡は、
前記化学発光の状態を変化させる制御光を射出する光源と、
前記生体試料の観察面に照射される前記制御光の照射パターンを画定する画定部と、
前記生体試料から射出された前記化学発光を検出する検出器と、
を備えることを特徴とする顕微鏡。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT