立体映像表示装置および映像生成プログラム

開放特許情報番号
L2019000697
開放特許情報登録日
2019/5/24
最新更新日
2019/5/24

基本情報

出願番号 特願2014-141333
出願日 2014/7/9
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-019170
公開日 2016/2/1
登録番号 特許第6438694号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体映像表示装置および映像生成プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 立体映像表示装置および映像生成プログラム
目的 複雑な調整を行うことなく、複数の観察者に対して同じ立体映像を同時に呈示することができる立体映像表示装置および映像生成プログラムを提供する。
効果 本発明によれば、観察者の位置に応じた映像を時系列に配置して時系列映像として映像表示装置に表示し、頭部装着型表示装置によって映像表示装置に表示された当該時系列映像を含む現実世界を撮影し、撮影された左目および右目の視野映像を適宜ホールドして表示することで、現実世界の映像と立体映像との調整を行うことなく、複数の観察者の観察位置に応じて立体映像を個別に呈示することができる。
技術概要
入力された3次元の原映像から時系列映像を生成する映像生成装置と、前記映像生成装置によって生成された前記時系列映像を表示する映像表示装置と、前記映像表示装置によって表示される前記時系列映像を観察する複数の観察者の頭部にそれぞれ装着される複数の頭部装着型表示装置と、前記映像表示装置に対する前記頭部装着型表示装置の個別の位置姿勢をそれぞれ計測する位置姿勢計測装置と、を備える立体映像表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT