ヌクレオチド除去修復阻害剤、抗腫瘍剤および紫外線治療の増強剤

開放特許情報番号
L2019000689
開放特許情報登録日
2019/5/22
最新更新日
2019/5/22

基本情報

出願番号 特願2012-094534
出願日 2012/4/18
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2013-221018
公開日 2013/10/28
登録番号 特許第6004422号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 ヌクレオチド除去修復阻害剤、抗腫瘍剤および紫外線治療の増強剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 ヌクレオチド除去修復阻害剤、ならびに、抗腫瘍剤の増強剤及び紫外線治療の増強剤
目的 新規ヌクレオチド除去修復阻害剤、新規抗腫瘍剤の増強剤、および新規紫外線治療の増強剤を提供する。
効果 本発明のヌクレオチド除去修復剤は、ヌクレオチド除去修復効果に優れ、単独で腫瘍の治療剤として用いることができる。さらに、他の抗腫瘍剤の抗腫瘍効果を増強することができる。また、皮膚の腫瘍の紫外線治療の効果を増強することができる。
技術概要
一般式(1)
(式(1)中、R↑1およびR↑2は、それぞれ独立して、C↓1〜C↓3アルキル基もしくは水素原子を示し、互いに結合して環を形成してもよい(ただし、R↑1およびR↑2の両方が水素原子であることは除く)。R↑3は、C↓1〜C↓6アルコキシ基を示す。)
で表される化合物またはその医薬的に許容される塩を含有する、ヌクレオチド除去修復阻害剤。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT