DNA損傷修復能力の簡便・迅速な検査方法

開放特許情報番号
L2019000678
開放特許情報登録日
2019/5/22
最新更新日
2019/5/22

基本情報

出願番号 特願2010-155303
出願日 2010/7/7
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2012-018068
公開日 2012/1/26
登録番号 特許第5817054号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 DNA損傷修復能力の簡便・迅速な検査方法
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 DNA損傷修復能力の検査方法
目的 簡便・迅速なDNA修復能力の検査方法を開発すること。
効果 末梢血由来のリンパ球を用いたDNA損傷修復能力の検査が可能となった。該検査により、検査が簡便となり検査期間が短縮された。さらには患者の負担の軽減を達成できた。
また、健常人におけるDNA修復能力の検査が可能となり、発癌リスクの評価と予防に利用できる。加えて、XPの迅速検査が可能となった。
技術概要
末梢血由来のリンパ球に紫外線を照射した後、抗6-4光産物抗体および/または抗シクロブタン型ピリミジンダイマー抗体を用いたフローサイトメトリーにより、6-4光産物量および/またはシクロブタン型ピリミジンダイマー量を測定することを特徴とするDNA損傷修復能力の検査方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT