脂肪組織由来間質細胞群を含む肝炎治療剤

開放特許情報番号
L2019000676
開放特許情報登録日
2019/5/22
最新更新日
2019/5/22

基本情報

出願番号 特願2010-203796
出願日 2010/9/11
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2012-056913
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5804342号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 脂肪組織由来間質細胞群を含む肝炎治療剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 脂肪組織由来間質細胞群を含む肝炎治療剤
目的 新規な肝炎治療剤を開発すること。
効果 優れた安全性、肝細胞壊死抑制効果及び肝障害マーカー値の改善効果を示す。
技術概要
内皮細胞、血球系細胞、線維芽細胞、血管周囲細胞及び平滑筋細胞を含む脂肪組織由来間質細胞群を含み、該細胞群を治療対象に静脈内注射、動脈内注射、門脈内注射、皮内注射、皮下注射、筋肉内注射、又は腹腔内注射により投与することにより炎症を抑制することを特徴とする急性肝炎治療剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT