間伐木の選定方法及び間伐木の選定装置

開放特許情報番号
L2019000664
開放特許情報登録日
2019/5/21
最新更新日
2020/7/20

基本情報

出願番号 特願2018-215554
出願日 2018/11/16
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2020-080663
公開日 2020/6/4
発明の名称 間伐木の選定方法及び間伐木の選定装置
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 間伐木の選定方法及び間伐木の選定装置
目的 現地での人手による間伐木の選定に頼ることなく、間伐木の選定を効率的にかつ森林の現況に適応するように行うことができる間伐木の選定方法及び間伐木の選定装置を提供する。
効果 現地での人手による間伐木の選定に頼ることなく、間伐木の選定を効率的にかつ森林の現況に適応するように行うことができる。
技術概要
間伐対象区域に存在する樹木に関する情報が個々の樹木ごとに記録されている森林資源情報に基づいて、前記間伐対象区域に存在する樹木のうち、間伐すべき樹木を間伐木として選定する間伐木の選定方法であって、
前記間伐対象区域における間伐率を設定する間伐率設定ステップと、
前記間伐対象区域においてどのような間伐を行うかを示す間伐条件を設定する間伐条件設定ステップと、
前記間伐対象区域に存在する樹木の個々の樹木間の距離を算定する樹木間距離算定ステップと、
前記樹木間距離算定ステップで算定された距離のうち、最も近接している2本の樹木を最短距離樹木として選択する最短距離樹木選択ステップと、
前記間伐条件設定ステップによって設定されている前記間伐条件に基づいて、前記最短距離樹木選択ステップによって選択されている2本の樹木のうちの1本の樹木を前記間伐木として選定する間伐木選定ステップと、
を有し、
前記樹木間距離算定ステップ、前記最短距離樹木選択ステップ及び前記間伐木選定ステップは、前記間伐率設定ステップにおいて設定されている前記間伐率に達するまで順次行うことを特徴とする間伐木の選定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT