金属と樹脂材との接合体

開放特許情報番号
L2019000655
開放特許情報登録日
2019/5/21
最新更新日
2019/10/28

基本情報

出願番号 特願2018-147415
出願日 2018/8/6
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2019-151090
公開日 2019/9/12
発明の名称 金属と樹脂材との接合体
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 金属と樹脂材との間の接合力を強化した金属と樹脂材との接合体
目的 金属と樹脂材との接合体の接合強度を高めるとともに、接合体に繰り返し熱応力が作用しても接合強度が劣化することを抑えることができ、耐久性の高い金属と樹脂材との接合体を提供する。
効果 金属の表面に設けた粗面構造のめっき膜を介して金属と樹脂材とを一体化して構成されるから、基材の金属の性質には左右されずに、金属と樹脂材とが強固に接合された接合体として提供することができる。
技術概要
金属の表面に、粗面構造のめっき膜が設けられ、
前記金属と樹脂材とが、前記粗面構造のめっき膜を介して一体に接合されてなることを特徴とする金属と樹脂材との接合体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT