深海生物の長期飼育が可能   JAMSTECシーズ集にリンクしています

開放特許情報番号
L2019000647
開放特許情報登録日
2019/5/17
最新更新日
2019/7/2

基本情報

出願番号 特願2013-537531
出願日 2012/10/3
出願人 国立研究開発法人海洋研究開発機構
公開番号 WO2013/051605
公開日 2013/4/11
登録番号 特許第5999848号
特許権者 国立研究開発法人海洋研究開発機構
発明の名称 水生生物の飼育システムとその飼育方法
技術分野 食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策、洗浄・除去
適用製品 水生生物の飼育システムとその飼育方法
目的 飼育水中の硫化水素濃度を測定することなく、その飼育水中の硫化水素濃度を一定に保つことができる水生生物の飼育システムとその飼育方法の提供。
効果 飼育水中の硫化水素濃度を測定することなく、その飼育水中の硫化水素濃度を一定に保つことができる。
技術概要
上部に気相を残して飼育水を貯留した水槽と、
上記気相中における硫化水素ガスの濃度を検知するガスセンサと、
上記ガスセンサから出力される検知信号に基づいて、飼育水中における硫化水素の濃度が所定の値となるように、その飼育水に対して硫化水素を供給する硫化水素供給手段とを有することを特徴とする水生生物の飼育装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 下記はJAMSTECシーズ集(問合せNo:444)のURLです。

http://www.godac.jamstec.go.jp/catalog/seeds/metadataDisp/seeds_0020

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2019 INPIT