流体中の多粒子運動に対する超大規模並列計算が可能   JAMSTECシーズ集にリンクしています

開放特許情報番号
L2019000643
開放特許情報登録日
2019/5/17
最新更新日
2019/7/2

基本情報

出願番号 特願2010-281808
出願日 2010/12/17
出願人 国立研究開発法人海洋研究開発機構
公開番号 特開2012-128793
公開日 2012/7/5
登録番号 特許第5645120号
特許権者 国立研究開発法人海洋研究開発機構
発明の名称 粒子状態計算装置及び粒子状態計算方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 粒子の状態を計算する粒子状態計算装置及び粒子状態計算方法
目的 効率的に分散メモリ型並列計算により粒子状態を計算し、その結果より大規模なモデルに対する計算を可能とする粒子状態計算装置及び粒子状態計算方法を提供する。
効果 効率的に分散メモリ型並列計算により粒子状態を計算し、その結果より大規模なモデルに対する計算が可能となる。
技術概要
複数の分割された計算領域の一つである自領域に配置される粒子の状態を時間ステップ毎に繰り返し計算する粒子状態計算装置であって、
前記粒子状態計算手段は、前記他仮想粒子情報入力手段によって入力される前記他領域
仮想粒子を特定する情報、及び前記他仮想粒子状態入力手段によって入力された前記他領域仮想粒子の状態を示す情報を用いて粒子の状態を計算する粒子状態計算装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 下記はJAMSTECシーズ集(問合せNo:381)のURLです。

http://www.godac.jamstec.go.jp/catalog/seeds/metadataDisp/seeds_0016

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT