光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法、並びにその光学異性体分離剤としての用途

開放特許情報番号
L2019000612
開放特許情報登録日
2019/5/16
最新更新日
2019/5/16

基本情報

出願番号 特願2015-500220
出願日 2014/2/10
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 WO2014/126028
公開日 2014/8/21
登録番号 特許第6083832号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法、並びにその光学異性体分離剤としての用途
技術分野 有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)化合物及びその製造方法
目的 既存の光学異性体分離剤とは異なる化学構造を持ち、それによって異なる光学分割特性を示す新たな光学異性体分離剤の開発。
効果 化合物の製造に使用する光学活性キラル化合物として市販の化合物を広く使用できるので、その種類や絶対配置を、分離対象物の種類や溶出順序に応じて容易に選択及び最適化することができる。
技術概要
式中、R↑1、R↑1’、R↑2、R↑2’、R↑3、R↑3’、R↑4及びR↑4’は、独立してそれぞれ水素原子、ハロゲン原子、置換されていてもよいアルキル基、置換されていてもよいシクロアルキル基、置換されていてもよいアルコキシ基、置換されていてもよいアルキルチオ基、トリ置換シリル基、トリ置換シロキシ基又は置換されていてもよいアシルオキシ基を示し
Xは、光学活性キラル化合物との縮合によりアミド化又はエステル化されたカルボキシ基を示し並びにnは、10以上の整数を示す。
式(T)で表されるポリ(ジフェニルアセチレン)化合物又はその塩、或いはその溶媒和物。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2019 INPIT