がんの予防用または治療用物質のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2019000610
開放特許情報登録日
2019/5/16
最新更新日
2019/5/16

基本情報

出願番号 特願2013-030503
出願日 2013/2/20
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2014-158440
公開日 2014/9/4
登録番号 特許第6218210号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 がんの予防用または治療用物質のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 がんの予防用または治療用物質のスクリーニング方法
目的 腫瘍形成におけるTNF-αの作用機構を解明し、抗がん剤の新規スクリーニング方法を提供すること。
効果 スクリーニング方法により選択された物質は、Noxo1遺伝子およびGna14遺伝子の発現を抑制し、細胞の未分化状態の維持を解除することにより、腫瘍の発生、維持を阻害することができる。
技術概要
1)がん由来細胞株と被験物質を接触させる工程
2)がん由来細胞株のNoxo1遺伝子および/またはGna14遺伝子の発現量を測定する工程、または、がん由来細胞株のNoxo1および/またはGna14の発現量を測定する工程
3)該発現量を被験物質と接触のない対照群の発現量または予め設定された基準発現量と比較する工程
を含む、スクリーニング方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT