受信システム

開放特許情報番号
L2019000583
開放特許情報登録日
2019/5/13
最新更新日
2019/5/13

基本情報

出願番号 特願2014-122766
出願日 2014/6/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2016-005037
公開日 2016/1/12
登録番号 特許第6431293号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 受信システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 受信システム
目的 デジタル放送用に割り当てられた所定の帯域内で複数の信号波(例えば、偏波MIMO伝送方式であれば、垂直偏波と水平偏波の2つの信号波)を用いて伝送される信号を受信する受信システムを提供すること。
効果 1本のケーブルで伝送可能となり、例えば既存のデジタル放送用の配線をそのまま利用できる。そして、第1の帯域(例えば、UHF帯の上部)の周波数変換後の第2の帯域(例えば、SHB帯)に空きを残すことが可能となり、第2の帯域(例えば、SHB帯)における未使用帯域を確保することができる。
技術概要
デジタル放送用に割り当てられた所定の帯域内で複数の信号波を用いて伝送される信号を受信する受信システムであって、
当該所定の帯域の一部を第1の帯域とし、前記第1の帯域内の当該複数の信号波のうち第1の信号波以外の信号波の受信信号を第2の帯域内の固定帯域へと周波数変換を行ない、当該第1の信号波の受信信号と周波数多重することにより合成して多重信号を生成する屋外機と、
前記屋外機と1本のケーブルで接続され、前記多重信号を分離し、前記周波数変換された信号波の受信信号について逆周波数変換を行い、当該複数の信号波の受信信号を復元し信号処理する屋内機と、
を備えることを特徴とする受信システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT