LEDユニットの製造方法

開放特許情報番号
L2019000560
開放特許情報登録日
2019/4/24
最新更新日
2019/4/24

基本情報

出願番号 特願2011-213092
出願日 2011/9/28
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2013-074186
公開日 2013/4/22
登録番号 特許第5584668号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 LEDユニットの製造方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 LEDユニットの製造方法
目的 複雑な構成および可変機構を有することなく、光軸を下方に向けた画像表示が可能で、従来の設備やコストで製造可能なLEDユニットの製造方法を提供する。
効果 LED素子が収容されるLED素子用孔を斜めに穿設したことで、LEDユニットを傾けなくても、LED素子の光軸を変更することができるという利点がある。
LEDユニットの光軸をLED素子の光軸によって変更しているので、LEDユニットを並べて構成される高所に設置された表示装置は、従来技術のように光軸を変更するための複雑な機構を設ける必要がなく、表示画面を常に垂直に設置することにより、見る方向によって画像が乱れることなく表示させることができる。
技術概要
複数のLED素子が平面的に配置されて構成されるLEDユニットの製造方法において、
LED素子の砲弾形状の部分がプリント基板から所定の距離だけ離間され、かつ、プリント基板の面に対して垂直方向に向けられた状態でリード線のはんだ付けをすることによりLED素子をプリント基板に実装し、
プリント基板の実装面に垂直な方向に対して傾斜した方向に穿設されたLED素子用孔を有する前面カバーを、プリント基板のLED素子が実装される側にてプリント基板に実装されたLED素子の光軸と前面カバーに形成されたLED素子用孔の裏面側開口の開口中心とが一致するように配置し、
プリント基板および前面カバーの一方または双方を接近させてLED素子の先端の半球部分をLED素子用孔に嵌め、
LED素子の光軸中心をLED素子用孔の軸中心に一致させるようにプリント基板および前面カバーの一方または双方を相対移動させてLED素子のリード線を屈曲させ、
プリント基板および前面カバーの一方または双方をLED素子用孔の軸中心の方向に平行移動させてLED素子の砲弾形状の部分をLED素子用孔に装着する、
ことを特徴とするLEDユニットの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT