自動取引装置

開放特許情報番号
L2019000552
開放特許情報登録日
2019/4/24
最新更新日
2019/4/24

基本情報

出願番号 特願2010-066919
出願日 2010/3/23
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2011-198297
公開日 2011/10/6
登録番号 特許第5592131号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 自動取引装置
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動取引装置
目的 印字エラー等が発生した場合にも、引き続き通帳を使用可能とする自動取引装置を提供する。
効果 印字エラー等が発生した場合にも、引き続き通帳を使用可能とする自動取引装置を提供することができる。
技術概要
印字データを格納したデータベースを有するホストと通信可能な、通帳に印字を行なう自動取引装置において、
該通帳の磁気ストライプの情報から、少なくとも次の印字開始行を取得する磁気ストライプ読み取り手段と、
該通帳の印字イメージを光学的に読み取る読み取り手段と、
該読み取り手段によって読み取られた該通帳の該印字イメージから、少なくとも該通帳の次の印字開始行を取得し、該印字イメージを文字認識するイメージ解析手段と、
該イメージ解析手段で取得された印字開始行が、該磁気ストライプ読み取り手段で取得された印字開始行より大きい場合、該印字イメージの文字認識結果と、該ホストから取得した印字データとの一致検出を行ない、一部一致している場合に、不一致行以降について該ホストから取得した、前回送信した記帳データを含む印字データに基づいて該通帳に印字を行い、該磁気ストライプの情報を更新する制御手段と、
を備えることを特徴とする自動取引装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT