固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤

開放特許情報番号
L2019000526
開放特許情報登録日
2019/4/19
最新更新日
2019/4/19

基本情報

出願番号 特願2015-020345
出願日 2015/2/4
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2016-140845
公開日 2016/8/8
登録番号 特許第6460816号
特許権者 国立大学法人金沢大学
発明の名称 固体状態で不斉選択性の切り替えが可能な光学異性体分離剤
技術分野 機械・加工、情報・通信、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 光学異性体分離剤及びその製造方法
目的 耐溶剤性に優れ、不斉選択性の切り替えが可能で、簡便且つ安価に光学異性体を効率良く分離することができる実用的な光学異性体分離剤を提供する。
効果 前記化合物(I)が、担体上に架橋基を介して固定化されることにより耐溶剤性に優れた固定化担体を簡便に合成することができる。
化合物(I)が担体上に化学結合により固定化され自由度が制限された状態でありながらも、光学活性低分子化合物又はそれを含む溶液に固体状態で含浸させるだけという簡便な操作により、担体上の化合物(I)に効率よく一方向巻きのらせん構造を誘起することができる。
技術概要
担体上に、式(I):
【化1】
で表されるポリアセチレン化合物を、前記基R↑2’にて、架橋させて固定化してなることを特徴とする、固定化担体。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT