測距装置、及び測距方法

開放特許情報番号
L2019000508
開放特許情報登録日
2019/4/19
最新更新日
2019/4/19

基本情報

出願番号 特願2016-048959
出願日 2016/3/11
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2017-161484
公開日 2017/9/14
発明の名称 測距装置、及び測距方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 測距装置、及び測距方法
目的 より高速な測距装置、及び測距方法を提供する。
効果 より高速な測距装置、及び測距方法を実現できる。
技術概要
FMCW(Frequency Modulated Continuous Wave)方式によって対象物までの距離を測定する測距装置であって、
周波数が掃引された電磁波を送信波として生成する信号源と、
前記信号源で生成された前記送信波を前記対象物に向けて出射し、前記対象物での反射によって得られる反射波を受信し、前記送信波と前記反射波とを干渉させることでビート信号を生成する干渉部と、
前記干渉部で生成された前記ビート信号が入射する領域内に配置され、入射した前記ビート信号の強度を検出する複数の検出器と、
前記複数の検出器から出力される前記ビート信号の強度を示す複数の検出信号のそれぞれに対して信号処理を施すことで、(1)当該測距装置から前記複数の検出器に対応する前記対象物の表面における複数の箇所までの距離、及び(2)当該測距装置から前記複数の箇所までの距離における差分の少なくとも一方を算出する信号処理部と
を備える測距装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT