抗がん剤

開放特許情報番号
L2019000507
開放特許情報登録日
2019/4/19
最新更新日
2019/4/19

基本情報

出願番号 特願2016-061325
出願日 2016/3/25
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2017-171624
公開日 2017/9/28
発明の名称 抗がん剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 エピミノジベンゾアヌレン骨格を有する新規の抗がん剤
目的 多剤耐性がん細胞にも有効な新規の抗がん剤の提供。
効果 がん細胞の増殖を抑制する作用を有し、多剤耐性がん細胞に対しても有効に作用する。
がんの中でも特に乳がん,上皮がんに適している。
技術概要
下記一般式(1)で表される化合物又はそれらの薬学的に許容される塩からなる抗がん剤。
「式中R↓1−R↓8は、H,OH,ハロゲノ基、1〜15個の炭素数からなる、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アルコキシ基、アルキルアミノ基及びアルキルチオ基のうちいずれか、置換されても良いアリール基、置換されても良いベンジル基、隣りあうRを含めた縮合する置換されても良い炭素環あるいは複素環である。
R↓9は、H,OH,1〜10個の炭素数からなる、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アルコキシ基、アルキルアミノ基及びアルキルチオ基のうちいずれか、置換されても良いアリール基、置換されても良いベンジル基である。
X↓1並びにX↓2は0〜3個の炭素あるいはヘテロ原子である。」
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT