ホログラム記録装置およびホログラム製造方法

開放特許情報番号
L2019000484
開放特許情報登録日
2019/4/17
最新更新日
2019/4/17

基本情報

出願番号 特願2017-077914
出願日 2017/4/11
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2018-180201
公開日 2018/11/15
発明の名称 ホログラム記録装置およびホログラム製造方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ホログラム記録装置およびホログラム製造方法
目的 照明光の光源の位置に応じて、物体光を精度よく再現することが可能なホログラムを製造するホログラム記録装置およびホログラム製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、ホログラム再生時の光源に応じたセル単位で異なる参照光をホログラム記録媒体に照射して、ホログラムを生成することができる。
これによって、本発明は、ホログラム再生時において物体光の再現性を高めたホログラムを生成することができる。
技術概要
干渉縞をセル単位でホログラム記録媒体に記録するホログラム記録装置であって、
コヒーレント光を発光するコヒーレント光源と、前記コヒーレント光を2つの光路に分離する光源分離手段と、分離された一方の光により物体光を変調する第1空間光変調手段と、分離された他方の光により参照光を変調する第2空間光変調手段と、書き込み対象となるセルを前記物体光および前記参照光の照射位置に移動する記録媒体移動手段と、制御手段と、を備え、
前記制御手段は、
前記書き込み対象となるセルを、前記照射位置に移動するように前記記録媒体移動手段を制御するセル位置制御手段と、
前記セルの移動に同期して、前記セルに対応するホログラムデータを前記第1空間光変調手段に表示するセルデータ表示手段と、
前記セルの移動に同期して、ホログラム再生時における光源の位置を前記参照光の相対位置として、前記他方の光の位相を変調して前記参照光を生成するように前記第2空間光変調手段を制御する第2空間光変調制御手段と、
を備えることを特徴とするホログラム記録装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT