摩擦摩耗試験機

開放特許情報番号
L2019000455
開放特許情報登録日
2019/4/12
最新更新日
2019/4/12

基本情報

出願番号 特願2017-009447
出願日 2017/1/23
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2018-119803
公開日 2018/8/2
発明の名称 摩擦摩耗試験機
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 摩擦摩耗試験機
目的 試験信頼性が高く、簡単な構造からなる摩擦摩耗試験機の提供。
効果 試験片と摩擦部材との接触面が簡便に且つ機械的に分離(離間)と接触を繰り返すので、分離状態のときに潤滑剤がその濡れ性等により摩擦面に供給されるので、安定した摩耗試験結果が得られる。
切換機構として倣い部材,カム等を用いた場合に、これらの形状,設置位置を変えることで、潤滑剤の供給タイミングを簡便に変更できる。
技術概要
試験片を保持するホルダー部と、前記試験片に摺接する摩擦部材とを備え、
前記試験片と前記摩擦部材とを相対的に往復運動又は回転運動させるための運動機構と、
前記試験片と前記摩擦部材との摺接状態と離間状態とを機械的に切り換えるための切換機構とを有することを特徴とする摩擦摩耗試験機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT