血中ケモカインをマーカーとして用いた大腸癌の検出

開放特許情報番号
L2019000450
開放特許情報登録日
2019/4/12
最新更新日
2019/4/12

基本情報

出願番号 特願2017-050329
出願日 2017/3/15
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2018-155506
公開日 2018/10/4
発明の名称 血中ケモカインをマーカーとして用いた大腸癌の検出
技術分野 情報・通信、有機材料
機能 検査・検出
適用製品 大腸癌を検出する癌の検査
目的 大腸癌に特異的な腫瘍マーカーを用いて大腸癌を検出する方法及び該方法を行うための検査試薬の提供。
効果 ケモカインの1種であるMIP-1α及びEotaxinの血中濃度は大腸癌患者で有意に増加し、特定の値をカットオフ値とすることにより、大腸癌を高い感度及び特異性で検出することができる。
技術概要
被験体より採取した血液中のMIP-1α及び/又はEotaxinを測定することを含む、大腸癌を検出する方法、並びに該方法に用いる検査試薬であって、抗MIP-1α抗体及び/又は抗Eotaxin抗体を含む検査試薬。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT