検体採取スワブ

開放特許情報番号
L2019000447
開放特許情報登録日
2019/4/11
最新更新日
2019/4/11

基本情報

出願番号 実願2018-005027
出願日 2018/12/6
出願人 株式会社アクティス
登録番号 実用第3220415号
特許権者 株式会社アクティス
発明の名称 検体採取スワブ
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 検体の採取器具
目的 検体を更に効率よく回収でき、また発塵を抑えられクリーンルーム内でも使用できる、検体の採取器具の提供。
効果 検体を効率よく採取し、また採取器具の発塵を抑え、クリーンルーム内での使用も可能な検体の採取器具を提供することができる。
技術概要
微生物関連物質(以下検体という)を採取するための採取器具であって、扁平な板状の部分を有する本体と本体の先端領域側の幅広な表面に、繊維布が溶着された拭き取り部と、本体の拭き取り部の反対側に付いた操作用のツマミ部から構成され、拭き取り部の繊維布は粘着剤がコーティングされており、拭き取り部の繊維布が作り出す繊維間の間隙は、粘着剤のコーティングにより全面に塞がれることなく粘着剤がコーティングされる繊維布面積の半分以上は粘着剤付繊維の集まりからなる間隙をもつ、ことを特徴とする検体採取スワブ。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 徳島県発明協会

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT