保護用透明シートを配設した収納ケース

開放特許情報番号
L2019000365
開放特許情報登録日
2019/3/15
最新更新日
2019/3/15

基本情報

出願番号 特願2008-029976
出願日 2008/2/12
出願人 富士紡ホールディングス株式会社
公開番号 特開2009-190738
公開日 2009/8/27
登録番号 特許第4849687号
特許権者 富士紡ホールディングス株式会社
発明の名称 保護用透明シートを配設した収納ケース
技術分野 輸送
機能 材料・素材の製造
適用製品 収納ケース
目的 従来の技術の欠点、即ち、保護用透明シートが運搬しにくく、汚れたり擦れたりしやすく、使用時にロール状シートから一端を引き出しにくく、図面や地図とともに収納しにくいという課題を解決する。
効果 本発明は、従来の技術の問題点を克服し、保護用透明シートを配設した収納ケースは、運搬しやすく、保護用透明シートは汚れたり擦れたりするのを防止することができる。また、ロール状保護用透明シートを引き出せるように前記半円筒状被覆部同士の間に開口部を有しているので、カッタ等でシートを必要な量だけ容易に引き出し切断し、必要に応じて、シートを再度収納することができる。
ロール状保護用透明シートは、表面が可視光を反射しにくい材料であれば他人に気付かれにくく、表面の一部又は全部が迷彩柄で被覆されていれば目立ちにくい。
技術概要
ロール状保護用透明シートを支持する支持部と該支持部に取り付けられた鍔部と該鍔部に取り付けられた下部半円筒状被覆部と前記鍔部に取り付けられたフランジ部と一端側が前記下部半円筒状被覆部に嵌合する上部半円筒状被覆部とからなり、前記支持部は、収納ケース両端に半円筒状筒部を設けた構造であることを特徴とする保護用透明シートを配設した収納ケース。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 富士紡ホールディングス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT