バイオマーカーの候補及び治療用製薬

開放特許情報番号
L2019000332
開放特許情報登録日
2019/2/21
最新更新日
2019/4/23

基本情報

出願番号 特願2017-155803
出願日 2017/8/10
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 特開2018-005925
公開日 2018/1/11
発明の名称 生成方法、生成装置、記録媒体、判断方法及び判断装置
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 バイオマーカーの候補を検出する検出装置、検出方法及び検出プログラム
目的 疾病状態へ遷移する前の疾病前状態を検出することができる検出装置、検出方法及び検出プログラムを提供し、さらに、疾病モデルが不要で、数少ない生体サンプルだけで診断を補助することが可能な検出装置等を提供する。
効果 生体サンプルを診断対象から採取し、採取した生体サンプルにおいて、疾病状態になる直前の疾病前状態を示す警告信号となるバイオマーカーが存在するか否かを調べることにより、診断対象が疾病前状態にあるか否かを診断することができる。そのため、疾病悪化のモデルを構築する必要がなく、疾病悪化の駆動要素を特定する必要もなく、疾病になる前の段階で、疾病の早期診断を実現することができる。
技術概要
生体に関する測定により得られた複数の因子項目の測定データに基づいて、測定対象である生体の症状の指標となるバイオマーカーの候補を検出する検出装置であって、
前記因子項目の測定データの時系列変化及び前記因子項目間の測定データの時系列変化の相関関係に基づいて、前記バイオマーカーの候補を検出する検出手段を備えることを特徴とする検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT