紫外線吸収能を有する化合物またはその塩、およびその製造方法、皮膚外用剤、化粧料

開放特許情報番号
L2019000220
開放特許情報登録日
2019/2/6
最新更新日
2019/2/6

基本情報

出願番号 特願2017-541589
出願日 2016/9/23
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 WO2017/051875
公開日 2017/3/30
発明の名称 紫外線吸収能を有する化合物またはその塩、およびその製造方法、皮膚外用剤、化粧料
技術分野 有機材料、食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 紫外線吸収能を有する化合物またはその塩、およびその製造方法、皮膚外用剤、化粧料
目的 UVA吸収能および水系溶媒に対する溶解性を有する新規化合物を含む皮膚外用剤、化粧料を提供する。
効果 本発明の化合物またはその塩は、紫外線吸収能および水系溶媒に対する溶解性を有する。特に、本発明の化合物またはその塩は、UVA領域での紫外線吸収能に優れる。
また、本発明の化合物またはその塩は、水系溶媒に対する溶解性に優れるので、化粧料および皮膚外用剤の材料として用いる場合、水系溶媒を用いて容易に配合できる。
本発明の化粧料、皮膚外用剤は、本発明の化合物またはその塩を含むため、優れたUVA吸収能を有し、疎水性溶媒を使わずに製造できる。
技術概要
式(I)で表わされる紫外線吸収能を有する化合物またはその塩。
(式(I)において、R↓1およびR↓2は、それぞれ独立して、水素原子、炭素数1〜5の直鎖状または分岐状のアルキル基、炭素数1〜5の直鎖状または分岐状のアルコキシ基、炭素数1〜5の直鎖状または分岐状のアルケニル基を表す。R↓3は、水素原子、炭素数1〜5の直鎖状または分岐状のアルキル基、炭素数1〜5の直鎖状または分岐状のアルケニル基を表す。Xは、水素原子、糖分子数1〜10の直鎖状または分岐状の糖鎖を表す。)
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT