ロボット制御システム、機械制御システム、ロボット制御方法、機械制御方法、および記録媒体

開放特許情報番号
L2019000191
開放特許情報登録日
2019/2/4
最新更新日
2019/2/4

基本情報

出願番号 PCT/JP2017/042155
出願日 2017/11/24
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2018/097223
公開日 2018/5/31
発明の名称 ロボット制御システム、機械制御システム、ロボット制御方法、機械制御方法、および記録媒体
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 ロボットなどの機械をオペレータの動作に応じて動作させる技術
目的 オペレータがロボットなどの機械を、その存在を意識することなく動作させることができるようにすること。
効果 オペレータは、ロボットなどの機械を、その存在を意識することなく操作することができる。
技術概要
ディスプレイに表示された画像をオペレータに見せながら、タスクを実行するようロボットを制御するロボット制御システムであって、
前記オペレータが前記ロボットの存在する空間に居るならば前記オペレータの視界に現われる様子を表わす視界画像を前記ディスプレイに表示させる表示手段と、
前記オペレータの動きに応じたタスクを前記ロボットに実行させるための制御命令を生成し、前記ロボットに送信する制御手段と、
を有するロボット制御システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2019 INPIT