カチオン性グルカンナノスフェア、複合体、核酸導入剤及びがん治療剤

開放特許情報番号
L2019000186
開放特許情報登録日
2019/2/4
最新更新日
2019/2/4

基本情報

出願番号 特願2017-043500
出願日 2017/3/8
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2017-160199
公開日 2017/9/14
発明の名称 カチオン性グルカンナノスフェア、複合体、核酸導入剤及びがん治療剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 カチオン性グルカンナノスフェア、複合体、核酸導入剤及びがん治療剤
目的 効率的に核酸を細胞内に導入する技術を提供すること。
効果 グルカンデンドリマー(GD)にカチオン性基(多価塩基性化合物で修飾することによりGDに導入された多価塩基性基)と必要に応じてさらに疎水性基を導入した本発明のカチオン性グルカンナノスフェアは、核酸(DNA、RNA)と複合体を形成することができ、細胞への核酸の導入剤として優れている。
技術概要
多価塩基性化合物で球状構造を有するグルカンデンドリマー(GD)を修飾してなり、前記多価塩基性化合物がスペルミジン、スペルミン、ジエチルアミノエチルアミン(DEAE)、ポリ塩基性アミノ酸及びポリエチレンイミンからなる群から選ばれる少なくとも1種である、カチオン性グルカンナノスフェア。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT