地震動補正装置、それを用いた地震動補正システム、及び地震動補正方法

開放特許情報番号
L2019000161
開放特許情報登録日
2019/2/1
最新更新日
2019/2/1

基本情報

出願番号 特願2015-009255
出願日 2015/1/21
出願人 国立研究開発法人防災科学技術研究所
公開番号 特開2016-133446
公開日 2016/7/25
登録番号 特許第6457276号
特許権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所
発明の名称 地震動補正装置、それを用いた地震動補正システム、及び地震動補正方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 地震動補正装置、地震動補正システム、及び地震動補正方法
目的 増幅特性の補正に必要なパラメータを自動的に算出し補正を行うことが可能な地震動補正装置、それを用いた地震動補正システム、及び地震動補正方法を提供する。
効果 増幅特性の補正に必要なパラメータを自動的に算出し補正を行うことが可能となる。
技術概要
第1地震計及び第2地震計で計測された地震記録が入力される計測部と、
前記計測部が計測した前記第1地震計及び前記第2地震計で計測された地震記録間の増幅特性を決定する特性決定部と、
前記増幅特性から前記第1地震計で計測された地震記録を前記第2地震計で計測された地震記録相当に補正する地震動補正部と、
を備え、
前記地震動補正部は、
直交3成分の地震記録(地動時系列)を取得し、座標回転処理を行い、南北、東西、鉛直、方向の座標回転地動時系列を得る補正用地動時系列取得手段と、
前記補正用地動時系列取得手段から送られた前記座標回転地動時系列を、補正用帯域制限フィルタ処理により複数の帯域の時系列データに分解し、補正用帯域制限時系列を得る補正用帯域制限フィルタ手段と、
前記補正用帯域制限フィルタ手段から送られた前記補正用帯域制限時系列に代表鉛直増幅比、代表水平増幅比による補正処理を帯域毎に施し、増幅比補正帯域制限時系列を得る増幅比補正手段と、
前記増幅比補正手段から送られた同一時刻の前記増幅比補正帯域制限時系列を加算して、増幅比補正時系列を得る時系列集計手段と、
を有することを特徴とする地震動補正装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT