NAFLDの進展度合いを判定する方法

開放特許情報番号
L2019000117
開放特許情報登録日
2019/2/5
最新更新日
2019/2/5

基本情報

出願番号 特願2010-128364
出願日 2010/6/4
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2011-252868
公開日 2011/12/15
登録番号 特許第5574331号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 NAFLDの進展度合いを判定する方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造、検査・検出、洗浄・除去
適用製品 NAFLDの進展度合いを判定する方法
目的 NAFLDの進展度合いの判定に際して、肝生検体を用いることなく、従来法より安価でしかも患者に対する負担が少なくてすむ方法を提供すること。
効果 NAFLDの進行に関連を有する新規の指標として血清中のオンコスタチンM量を用いることにより、従来、直接患者からの生検による組織採取が行われ、被検者の負担が大きかったNAFLDの進行度についての判定が、血液採取のみで可能となる。
技術概要
以下の(a)及び(b)のステップを備えたことを特徴とする非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の進展度合いを判定する方法。
(a)NAFLD患者から採取した血液試料中のオンコスタチンM濃度を測定するステップ;
(b)オンコスタチンMの測定値が60pg/mlを超える場合、NAS(NAFLD activity score)が「6以上」と評価し、オンコスタチンMの測定値が20〜60pg/mlである場合、NASが5と評価し、オンコスタチンMの測定値が20pg/ml未満である場合、NASが4以下と評価するステップ;
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT