軸用カバー

開放特許情報番号
L2019000108
開放特許情報登録日
2019/2/4
最新更新日
2019/2/4

基本情報

出願番号 特願2008-335101
出願日 2008/12/26
出願人 麒麟麦酒株式会社
公開番号 特開2010-156410
公開日 2010/7/15
登録番号 特許第5225063号
特許権者 麒麟麦酒株式会社
発明の名称 軸用カバー
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 昇降装置の各軸に取り付けられるカバー
目的 軸への着脱が容易であり、かつ交換頻度を減らすことが可能な軸用カバーを提供する。
効果 軸を保護するための内筒部及び外筒部をそれぞれ軸線方向に沿って分割可能にしたので、これらを軸に容易に着脱することができる。また、外筒部の内面と内筒部の外面とが接触しないように外筒部の内径及び内筒部の外径を設定することにより、外筒部及び内筒部をそれぞれ破損し難くすることができる。そのため、交換頻度を減らすことができる。
技術概要
ベース部から突出してテーブル部を支持する軸を複数有し、ベース部からの各軸の突出量を変更することによりベース部とテーブル部との間の間隔を変更する昇降装置の各軸に取り付けられるカバーであって、
内筒部及び外筒部は、それぞれ軸線方向に沿って分割可能に構成され、
テーブル部がベース部の上方に配置され、
外筒部がテーブル部に取り付けられるとともに、内筒部がベース部に取り付けられ、
内筒部は、各軸の周囲に設けられてベース部の上面から上方に突出する段差部の上面にボルトで固定され、
外筒部は、第1外筒部材と第2外筒部材とに分割可能であり、
テーブル部の下面には、各軸の周囲に設けられるとともに下面から下方に突出して外筒部が取り付けられる段差部が設けられ、
外筒部の上端には、テーブル部の段差部に対して締まりばめになるように設けられ、かつ第1外筒部材及び第2外筒部材にて形成される嵌合穴が設けられ、外筒部は、テーブル部の段差部が嵌合穴に嵌るように第1外筒部材と第2外筒部材とでその段差部を挟み込み、第1外筒部材と第2外筒部材とをボルトで連結することにより、テーブル部に固定されていることを特徴とする軸用カバー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 キリン株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT