囲い構造

開放特許情報番号
L2019000106
開放特許情報登録日
2019/2/4
最新更新日
2019/2/4

基本情報

出願番号 特願2009-236904
出願日 2009/10/14
出願人 麒麟麦酒株式会社
公開番号 特開2011-084291
公開日 2011/4/28
登録番号 特許第5543169号
特許権者 麒麟麦酒株式会社
発明の名称 囲い構造
技術分野 輸送、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 囲い構造
目的 シーマの囲いに用いられる囲い構造であって、内部を容易に洗浄することができるとともに、洗い残しを抑制することができる囲い構造を提供する。
効果 シーマの囲いに用いられる囲い構造であって、内部を容易に洗浄することができるとともに、洗い残しを抑制することができる囲い構造を提供することができる。
技術概要
缶の上部の蓋部分を形成するシーマの囲いに適用され、開閉可能又は、閉状態にて内部から外部への飛散物の飛散を防止可能にする回転開閉式の扉が取り付けられている囲い構造において、
前記扉には、前記扉を開閉可能にするための取っ手を含む開閉機構が外側だけに設けられており、かつ、外部と内部とをつなぐ窓が設けられ、
前記窓には、内部からの飛散を防止しつつ内部を視認可能な視認部材が固定部材を通じて取り付けられ、
前記固定部材は、前記視認部材を取り外し可能に固定するとともに、液体が使用された場合に前記液体を排出するように構成されている、囲い構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 キリン株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT