光電極、光電変換素子及び光電極の製造方法

開放特許情報番号
L2019000077
開放特許情報登録日
2019/1/31
最新更新日
2019/1/31

基本情報

出願番号 特願2013-007511
出願日 2013/1/18
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2014-137968
公開日 2014/7/28
登録番号 特許第6065600号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 光電極、光電変換素子及び光電極の製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、洗浄・除去
適用製品 光電極及びその製造方法、光電変換素子
目的 色素を用いなくても可視光を直接電気エネルギーに変換することができ、光電変換機能を有する材料の資源量が豊富で枯渇の心配がなく、安価に製造でき、耐久性に優れ、光電変換特性の高い光電極や、前記光電極を備えた光電変換素子や光充電レドックスキャパシタや、前記光電極の製造方法を提供すること。
効果 色素を用いなくても可視光を直接電気エネルギーに変換することができる。そのため、色素の劣化による光電変換特性の劣化がなく耐久性に優れ、高価な色素が不要となり安価に製造できる光電極を提供することができる。また、マンガン酸化物を用いるため、資源量が豊富で枯渇の心配がなく、安価に製造でき、製造工程での毒性の懸念も少ない光電極を提供することができる。そして、バーネサイト型層状マンガン酸化物と繊維状炭素とを複合化したことにより光電変換特性の高い光電極を提供することができる。
技術概要
導電性基板と、前記導電性基板上に形成された繊維状炭素層と、前記繊維状炭素層上に形成されたバーネサイト型層状マンガン酸化物層とを有する光電極。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT