含硫黄ポリマー

開放特許情報番号
L2019000062
開放特許情報登録日
2019/1/24
最新更新日
2019/1/24

基本情報

出願番号 特願2015-037714
出願日 2015/2/27
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2015-227438
公開日 2015/12/17
発明の名称 含硫黄ポリマー
技術分野 有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却、加圧・減圧
適用製品 含硫黄ポリマー
目的 弾性や溶解性のある新規有機硫黄材料を得るために、硫黄含有量の高い、有機溶媒への優れた溶解性及び均一性を有する新規含硫黄ポリマーを得ること。
効果 本発明の含硫黄ポリマーは、硫黄(S↓8)と修飾剤を均一かつ自由な配合比で混錬できるため、加工が容易。その結果、本発明の含硫黄ポリマーと導電助剤等を均一に混錬した電極材料を調製し、反応サイクルを多く重ねてもポリスルフィドイオン(硫黄成分)の溶出を抑えることができる。また、本発明の含硫黄ポリマーは、高い弾性を有していたため、建築や自動車産業のエラストマーやゴム材料として利用できる。さらに、本発明の含硫黄ポリマーはマグネシウム二次電池の正極材料として優れており、マグネシウム二次電池に使用できる。
技術概要
ジアリル化合物又はモノアリル化合物と、分子状硫黄(S↓8)とを混合して加熱することにより得られる、含硫黄ポリマー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT