電子顕微鏡観察試料の調製方法

開放特許情報番号
L2019000050
開放特許情報登録日
2019/1/24
最新更新日
2019/1/24

基本情報

出願番号 特願2014-217925
出願日 2014/10/27
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2016-085119
公開日 2016/5/19
登録番号 特許第6281844号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 電子顕微鏡観察試料の調製方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却、接着・剥離
適用製品 電子顕微鏡観察試料の調製方法
目的 細胞構造の破壊がなく、細胞内の本来の微細構造を観察することが可能な電子顕微鏡観察試料の調製方法を提供すること。
効果 本発明の電子顕微鏡観察試料の調製方法で作製した電子顕微鏡観察試料は細胞構造の破壊がなく、細胞内の本来の微細構造を観察することが可能となる。また、本発明の電子顕微鏡観察試料の調製方法には複雑な装置が不要であると共に高度なスキルも不要であり、低コストかつ容易に電子顕微鏡観察試料を作製することが可能となる。本発明の方法で作製された電子顕微鏡観察試料は、細胞を始め食品や生物マテリアルなどの微細構造を観察するうえで利用可能である。
技術概要
以下の工程(a)〜(d)を備えたことを特徴とする電子顕微鏡観察試料の調製方法。
(a)表面を研磨して平滑化し、さらにカーボン又は貴金属の薄膜でコーティングした熱伝導性フィルムを固定器具で固定する工程;
(b)工程(a)で固定した熱伝導性フィルムに細胞を接着させる工程;
(c)工程(b)で細胞を接着させた熱伝導性フィルムを、−150℃以下に冷却した冷却剤に浸漬させて細胞を急速凍結する工程;
(d)工程(c)で急速凍結した細胞から電子顕微鏡観察試料を作製する工程;
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT