スフェロイドの作製方法及び該方法に用いる培地

開放特許情報番号
L2019000014
開放特許情報登録日
2019/1/17
最新更新日
2019/1/17

基本情報

出願番号 特願2017-505367
出願日 2016/3/9
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 WO2016/143808
公開日 2016/9/15
発明の名称 スフェロイドの作製方法及び該方法に用いる培地
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 スフェロイドを作製するのに適した培養方法、該培養方法に適した培地
目的 簡易な方法で、良質なスフェロイドを大量に作製できる方法を提供する。
インビトロにおいてスフェロイドを評価等の目的に用いる場合は、良質なスフェロイドを大量に作製できる方法を提供する。
効果 細胞間が緻密なスフェロイドが再現性良く作製できる方法が提供される。また、そのようなスフェロイドを作製するための培地が提供される。
技術概要
グルコース含有培地であってグルコースが実質的にL−グルコースから構成される培地を用いて細胞を培養することを特徴とするスフェロイドの作製方法。
以下の工程:
(a)D−グルコースを含有する培地にて細胞を培養する工程、
(b)培地中のD−グルコースをL−グルコースに置き換える工程、
(c)グルコース含有培地であってグルコースが実質的にL−グルコースから構成される培地を用いて細胞を培養する工程、
を含む、スフェロイドの作製方法。
グルコース含有培地であってグルコースが実質的にL−グルコースから構成されるスフェロイド培養培地。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT