Ti4O7の製造方法

開放特許情報番号
L2019000012
開放特許情報登録日
2019/1/17
最新更新日
2019/1/17

基本情報

出願番号 特願2015-169055
出願日 2015/8/28
出願人 国立大学法人弘前大学
公開番号 特開2017-043521
公開日 2017/3/2
発明の名称 Ti4O7の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 Ti↓4O↓7の製造方法
目的 大量生産に向き、かつ低コストで簡便な操作により単一相のTi↓4O↓7を製造することが可能な新規な方法を提供する。
効果 低コストで簡便な操作により単一相のTi↓4O↓7を製造することができる。また、本発明の方法により得られるTi↓4O↓7は、ナノファイバとすることができ、高い導電性を有していることから、燃料電池用触媒担体、空気電池用正極材料、リチウムイオン電池用負極材料などに用いることができる。
技術概要
(1)酸化チタンを含む1〜20mol/Lのアルカリ性溶液を、100〜200℃で加熱する工程、及び(2)前記工程(1)で得られた構造体を、水素を含むガス雰囲気下で、800℃以上で加熱する工程を含む、Ti↓4O↓7の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT